毎日の家事を時短にするために

毎日の家事を時短にするために

自分時間をより長く確保する為に時短家事のススメ

朝から晩まで忙しく働く主婦にとって、毎日の家事をどうやったら素早くこなせるかは永遠のテーマだと思います。
効率良く家事を進めることができれば、その分時間的余裕が生まれるので自分のことに費やせる時間が増えます。
それによって、体力的にも精神的にも余裕が生まれるという、余裕の好循環になります。

その為には、家事の時間をどれだけ短縮できるか、が大きなカギ。
日々の生活の中で、少しの工夫で無駄のない家事を実現する方法を考えてみようと思います。

家の中を手ぶらで歩かない

まず1番最初に実行したのは、無駄な移動をなくすこと。
例えば、居間から寝室に行く時には、寝室に片付ける物を持って行く。
トイレに行くときには、トイレ掃除道具を持って行き掃除も一緒に済ませてくる、などです。

洗濯物を畳んで、わざわざ収納場所にしまいに行くのではなく、次にその部屋に行くついでに持って行くだけで、無駄な動きが随分減ります。
掃除も、わざわざ掃除の時間を作るのではなく、そこへ行ったついでにササッと済ませる。
その積み重ねが時間的余裕を生み出します。

買い物はメニューを決めて週に1~2回

食材をスーパーに買い物に行くと、ついつい必要のない物までブラブラと見てしまったり買ってしまったり。
それがまさに無駄な時間です。
なので、あらかじ数日分のメニューを決めてこれしか買わないという気持ちで買い物に行きます。
買い物に行く回数を減らすことは、往復にかかる時間の節約にもなります。

収納場所を見直して、使う場所の近くに

何かを使う時に、それを取りに行く時間を省きます。
よく使用する場所の近くに収納することが1番の時短です。
アイロンはアイロンがけする部屋、洗濯ばさみは選択を干す部屋、などです。

そういうちょっとした工夫が、面倒くさいと感じる家事を少し楽にしてくれるものです。

まずは、自分の行動の見直しから

時短したいと思っても、何をしたらいいのか・・・と思うかもしれませんが、まずは自分の行動を見直してみて、ここが無駄だなとか、ここを省けるなというのを見つけてみましょう。

時短につながるヒントが必ず隠れていると思います。
時短家事で、余裕のある生活を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です